標準化の推進
  Optoelectronics Industry and Technology Development Association

 ■ 平成25年度 工業標準化事業表彰・IEC1906賞を受賞
    平成25年10月3日に平成25年工業標準化事業表彰・IEC1906賞の表彰式が執り行なわれ、 当協会の関係者の方では、以下の方々が表彰されました。

  • 国際標準化貢献者表彰(産業技術環境局長表彰)受賞: 柳秀一(日本電信電話株式会社)
  • 国際標準化功労者表彰(産業技術環境局長表彰)受賞: 立原克則(一般財団法人日本品質保証機構)
  • IEC(国際電気標準会議)1906賞受賞: 磯野秀樹(富士通オプティカルコンポーネンツ株式会社)                           橋新裕一(学校法人近畿大学)

    詳細は、http://www.meti.go.jp/press/2013/10/20131002001/20131002001.html
写真左から: 増田氏 ・ 磯野氏 ・ 橋新氏 ・ 立原氏 ・ 小谷専務理事


 ■ 光産業技術標準化会
 ■ 国内標準
    1981年以降継続して、オプトエレクトロニクス等のJIS(日本工業規格)原案の 検討・作成を通じ、標準化の推進に寄与しています。当協会が原案を作成し、 一般財団法人日本規格協会の協力により制定されたJISは280件を越えてい ます。


 ■ 国際標準 ISO / IEC
    ISO(国際標準化機構)、IEC(国際電気標準会議)に対応する組織を設け、国際規格への提案を行って います。また、ISO/TC 172/SC 9(レーザシステム)及びIEC/TC 76(レーザ安全)国際会議においては、 日本からのエキスパートを多く派遣し、日本の意見を国際規格へ反映するよう積極的に努めています。

 ■ 標準化調査・研究開発の推進
  • 光ファイバ相互接続用コネクタの光学互換に関する国際標準化
    • 光通信システムのスマート化に適用した光部品に関する国際規格の 制定を推進
  • 大口径マルチモード光ファイバ・コネクタ及びその通信性能に関する国際標準化・普及基盤構築
    • 大口径マルチモード光ファイバ・コネクタ及び通信性能に関する国際 規格の制定及び普及基盤構築を推進
  • 高耐性レーザガードの評価方法に関する国際標準化
    • 高耐性レーザガードの評価方法に関する国際規格の制定を推進

 ■ 光標準化会の組織図



 ■ 標準化委員会(委員のページ)

Copyright(C) OITDA All rights Reserved.