光産業技術マンスリーセミナー


(2022年11月21日更新)


 協会では、光産業・技術の普及事業の一環として光産業技術に関連する幅広い専門家を講師に迎えて、内外のトピックスや最新の情報を分かりやすく解説していただく、マンスリーセミナーを定期的(通常、毎月第3火曜日)に開催しております。
 今後のプログラムは以下の通りです。
No.475

12/20
(火)

「深紫外光を用いた新型コロナウイルスの不活化」

徳島大学 ポストLEDフォトニクス研究所 医光融合研究部門
 准教授南川 丈夫 氏
(内容)
   2019年に勃興した新型コロナウイルス感染症は、2022年にようやくアフターコロナ社会への変遷の兆しを見せているものの、依然として感染者は多く、生命への影響、社会への影響は多大な状況にある。また、同様な社会的制限を伴う新たな感染症が将来的に勃興することも懸念されており、様々な感染症に対する多重的かつ多角的に対応策を確立し、現在および将来に備えることは重要な課題である。本講演では、感染症に対する一つの有効な対策案である深紫外光を用いた感染症対策について、深紫外光を用いた感染症対策の原理、利点、および実際の不活化効果について紹介する。
No.476

1/10
(火)

車載ステレオカメラの広視野化技術

株式会社 日立製作所 研究開発グループ
 計測イノベーションセンタ アンビエントインターフェース研究部
 主任研究員山ア 和良 氏
(内容)
   国内では交通事故による死亡者数が年々減少しているものの、依然として多くの人が毎年交通事故により命を落としている。今後、交通事故を削減するためには、前方だけでなく周囲の交通状況を正確に把握する必要があり、先進運転支援システムや自動運転システムでは、センシングの広視野化が求められている。本研究では、前方センシングに求められるセンシングの遠方化と広視野化を両立するマルチシフト方式のステレオカメラを開発した。さらに、1つのカメラで全周囲センシングを実現する、モノキュラステレオカメラを開発した。本講演では、これら車載向けステレオカメラの広角化技術について紹介する。
No.477

2/21
(火)

「オールフォトニクスネットワークに向けた新たな光アクセス伝送・システム技術」

日本電信電話株式会社
NTTアクセスサービスシステム研究所 光アクセス基盤プロジェクト
 主席研究員・プロジェクトマネージャ吉田 智暁 氏
(内容)
   社会・産業のデジタル化やリモートワールドの進展に伴い、ネットワークを流れるデータ量は増加し、その種類やニーズが増え続けている。特に従来主流であったベストエフォート型とは異なるユースケースが登場し、通信ネットワークに対して拠点や遅延に新しいニーズが生まれつつある。これらのニーズに対応するべくNTTは2019年にIOWN構想を発表するとともに、光ファイバが有する大容量、長距離、多重伝送能力をさらに活かし、多種多様な光アクセスサービスを提供するオールフォトニクスネットワーク(APN)の研究を開始している。本講演では、これまでのAPNの光アクセスに着目したアクティビティを紹介するとともに、APN実現に向けた光アクセス伝送・システム技術の最新動向について述べる。

*** 過去のプログラム紹介 ***
2022(No.467- ) 2021(No.455-466 ) 2020(No.448-454) 2019(No.431-442)
2018(No.419-430) 2017(No.407-418) 2016(No.395-406) 2015(No.383-394)
2014(No.371-382) 2013(No.359-370) 2012(No.347-358) 2011(No.325-346)
2010(No.320-334) 2009(No.308-319) 2008(No.296-307) 2007(No.284-295)
2006(No.272-283) 2005(No.260-271) 2004(No.248-259) 2003(No.236-247)


光産業技術マンスリーセミナー 参加要領

  • 会 場:オンライン開催(Webex)

  • 定 員:90名

  • 時 間:15:30〜17:30

  • 参加料:(銀行振込でお支払いください。)
    • 光協会賛助会員:1,500円(1回につき・消費税込み
    • 一般:3,000円(1回につき・消費税込み
    • 大学・公的機関:無料(学生・院生含む)
    ※講演日1週間前までにお振り込みをお願いします。遅れる場合は、必ず事務局へご連絡ください。
     お振り込み日を確認できない場合、受講キャンセルとさせていただきます。


  • 申込方法:以下の事項をご記入の上、事務局(mly@oitda.or.jp)までメールでお申込み下さい。
    参加No.:第  回
    開催月日: 月 日
    企業・団体名:
    区分(一つ選択):賛助会員、賛助会員の完全子会社、一般、大学・公的機関(学生・院生を含む)
    完全子会社の場合、親会社名:
    部署名:
    氏名:
    ふりがな:
    電話番号:
    Eメール:
    配布資料送付先住所・宛名:(郵便番号も):
    コメント:

  • 申込締切:開催日の1週間前、または、先着順にて定員になり次第締め切ります。
    • 先着順による締め切りはWeb上にその旨掲載いたします。
    • 事前にお申込みを頂いていない場合は、ご参加をお断りすることがありますので予めご了承ください。
    • 問合せ先:ご不明な点等がございましたら、下記事務局までお問い合わせください。
        事務局:一般財団法人光産業技術振興協会 マンスリーセミナー担当 瀬戸山・村谷
             TEL 03-5225-6431
             FAX 03-5225-6435

    Copyright(C) OITDA All Rights Reserved.